日本で深刻化する人手不足の解決策は?

日本の総人口は減少傾向が続いており、2020年から2025年までに約255万人の人口減少が見込まれていると言われています。

そんな時代背景もあり、一部業種で深刻な人手不足となっており、人手不足によって倒産する企業も増えてきています。

そんな状況の中、新たな人材獲得の手段として外国人派遣が注目されています。

外国の中には東南アジアなどで人口増加が、経済成長に追いついておらず、労働力が余っている国も多く存在しています。

日本に働きに来る外国人は、現地よりも高賃金が得られる日本での就労に前向きで、生活水準の向上を目指して勤勉に働く方がほとんど。

そんなモチベーションの高い外国人を雇用することは、労働力不足を補うこと以上の効果が期待できます。

外国人雇用をお考えならアイビックの派遣

ただ実際に外国人労働者を雇用するとなると、ほとんどの企業でノウハウがないため、いざ雇用となると抵抗があるのも実際のところ。

実際外国人を雇ってみたところ、言語や習慣の違いなどから職場になじむ事ができずすぐにやめてしまったり、疎外感から反抗的な態度を取ったりといったトラブルも少なからずあります。

そこで外国人労働者を雇用するなら、まず検討すべきはアイビックでの派遣契約です。

外国人派遣ならアイビックがおすすめの3つの理由

ここ数年増加している外国人労働者派遣会社ですが、三重県・滋賀県・愛知県に多くの外国人労働者を派遣するアイビックには3つの大きな強みがあります。

アイビックの強み① 専任のスタッフによるきめ細かなフォロー

アイビックであれば入管法などの関連法規に則って国内で雇用しても問題ない外国人を派遣することはもちろん、ポルトガル語と日本語を話せる複数の専任のスタッフが仕事での悩み相談や、職場までの送迎や住まいのお世話など、外国人労働者の日常生活まできめ細かなサポートを行っています。

アイビックの強み② 外国人労働者の成長に向けたサポートも充実

アイビックではより優秀な人材を育成するべくEラーニングによる日本語学力の強化などにより日本の文化になじむサポートを行っているほか、資格取得の奨励を行うなどスキルアップ支援も積極的に行っていくことで、外国人労働者のさらなる成長に向けたサポートも行なっています。

アイビックの強み③ 外国人受入の際の煩雑な手続きもお任せください

アイビックではとにかく煩雑と思われがちな外国人労働者雇用の際の在留資格の確認や、外国人社員の入館手続きなどの煩雑な手続きも、全てアイビックで代行できる体制を整えています。

来るべく新型コロナウィルス収束後に向けて

今は新型コロナウィルスの影響で、有効求人倍率が下がるなど、労働者市場においても大きな影響が出ています。

ただ一方でウィルス騒動がおさまり、経済が大きく動き出せば、必ず人手不足の問題も再燃してくるはずです。

そんな来るべく新型コロナウィルス騒動収束後に向けて、外国人労働者の派遣雇用をお考えの方は、ぜひアイビックにお問い合わせください。