日本で深刻化する人手不足の解決策は?

日本の総人口は減少傾向が続いており、2020年から2025年までに約255万人の人口減少が見込まれていると言われています。

そんな時代背景もあり、一部業種で深刻な人手不足となっており、人手不足によって倒産する企業も増えてきています。

そんな状況の中、新たな人材獲得の手段として外国人派遣が注目されています。

外国の中には東南アジアなどで人口増加が、経済成長に追いついておらず、労働力が余っている国も多く存在しています。

日本に働きに来る外国人は、現地よりも高賃金が得られる日本での就労に前向きで、生活水準の向上を目指して勤勉に働く方がほとんど。

そんなモチベーションの高い外国人を雇用することは、労働力不足を補うこと以上の効果が期待できます。

外国人雇用をお考えならアイビックの派遣

ただ実際に外国人労働者を雇用するとなると、ほとんどの企業でノウハウがないため、いざ雇用となると抵抗があるのも実際のところ。

実際外国人を雇ってみたところ、言語や習慣の違いなどから職場になじむ事ができずすぐにやめてしまったり、疎外感から反抗的な態度を取ったりといったトラブルも少なからずあります。

そこで外国人労働者を雇用するなら、まず検討すべきは入管法などの関連法規に則って、国内で雇用しても問題ない外国人を派遣しているアイビックでの派遣契約です。

外国人派遣ならアイビックがおすすめの5つの理由

ここ数年増加している外国人労働者派遣会社ですが、三重県・滋賀県・愛知県に多くの外国人労働者を派遣するアイビックには5つの大きな強みがあります。

アイビックの強み① 専任のスタッフによるきめ細かなフォロー

アイビックでは。ポルトガル語と日本語の両方の言語を話せる複数の専任のスタッフが、仕事での悩み相談や、職場までの送迎や住まいのお世話など、外国人労働者の日常生活まできめ細かなサポートを行っています。

中でも外国人労働者にとって大きな悩みとなりうる住環境のサポートについては、派遣先に近いアパートを弊社にて借り上げる形で、安心して就業いただける環境づくりを行っています。

また派遣社員の要望に応じて、マイクロバスにて派遣先の職場までの送迎も行っています。

 

アイビックの強み② 外国人受入の際の煩雑な手続きもお任せください

アイビックでは外国人労働者雇用の際の在留資格の確認や、外国人社員の入館手続きなどの煩雑な手続きも、全てアイビックで代行できる体制を整えています。

アイビックはとにかく煩雑と思われがちなこれらの手続きを代行することで、御社の作業を大幅に軽減します!

 

アイビックの強み③ 日系ブラジル人を中心とした外国人労働者ネットワーク

アイビックでは6,000人以上の日系ブラジル人とつながるfacebookページ「Altas Empregos no Japão」など、外国人労働者との広いネットワークを所有しています。

そのネットワークにより、食品加工から検査組み立て、プレス、そして今後アイビックで力を入れていく介護人材派遣まで、あらゆる人材をどこよりも早く派遣します。

大人数のグループによる派遣もお勧めです!

アイビックの強み④ 外国人労働者の成長に向けた教育も充実

アイビックではどこの職場でも通用するコミュニケーション能力を持つ、より優秀な人材を育成するべく、Eラーニングによる日本語能力の強化に力を入れています。

さらに日本の文化になじむサポートを行っているほか、資格取得の奨励を行うなどスキルアップ支援も積極的に行っていくことで、外国人労働者のさらなる成長に向けたサポートも行なっています。

アイビックの強み⑤ ユニークな従業員向け健康づくりの取り組みも

アイビックではグループ会社アルタスとの連携により、ウォークやランニングを通じた派遣社員の皆さんの健康づくりや体力強化を行う、ユニークな取り組みを2021年よりスタートします。

どんな職場であっても従業員の皆さんが健康であることは、今や事業を運営していくうえで必須要件。

アイビックは従業員の健康づくりに本気で取り組んでいく事で、仕事能率の向上や欠勤予防などにつなげていければと考えています。

 

来るべく新型コロナウィルス収束後に向けて

今は新型コロナウィルスの影響で、有効求人倍率が下がるなど、労働者市場においても大きな影響が出ています。

ただ一方でウィルス騒動がおさまり、経済が大きく動き出せば、必ず人手不足の問題も再燃してくるはずです。

そんな来るべく新型コロナウィルス騒動収束後に向けて、外国人労働者の派遣雇用をお考えの方は、ぜひアイビックにお問い合わせください。